FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.06.05 (Mon)

お絵かきバトン

わーい、micoさんから「お絵描きバトン」いただいたのですよ。
早速モリモリ答えてみましたー。

【More・・・】





【お絵描きバトン】



■回してくれた方の絵の印象

デラベッピン!(あんたなんて事を)

ちちち違うんじゃよエロス雑誌じゃなくて言いたいのはペッピンの方!
…と、ここから下はまじめに(コホン)

とても艶やか(あでやか)な絵だと思います。
確かな技術の上に、更に「華」を持ってらっしゃるというか。
一つ一つの絵がどれも完成されていて
絵に対する真摯な姿勢、こだわりに職人の気質を感じます。

それとこれは質問内容から脱線してしまうのですが、
今回micoさんが廻してくださった際のコメントで私が描くのを
「砂糖菓子」と例えてくださったのがうれしいやらハズカシーやら。
自分ではお菓子を作ろうとしてタバスコと七味をドバァしてしまったような
イメージがあるのですが(笑)
「砂糖菓子」で連想するのはいのまたむつみ先生が描く
妖精や金髪のお人形さんみたいなイメージかな。
繊細なんだけどふわふわしてて、とても可憐なのです。

■回りから自分のイラストにもたれる(と思われる)印象5つ。
・汗多すぎ
・白目多すぎ
・ネタ古すぎ
・背景無さすぎ
・構図ワンパターンすぎ(バストアップ多すぎ)
・人体描けてなさすぎ
ハハハ自分で書いてて挫けそうだよママン・・・って
ひとつ多くないか爺さんΣ(゚Д゚)

■自分の好きな絵柄5つ
うーん、結構バラバラです。
かっちりした絵柄も
骨太な絵柄も
ふんわりした絵柄も
エロースな絵柄も
ゆるーい絵柄も結構何でも。

■反対に苦手な絵柄5つ
雑食なので特に無し。

■自分が描きたい・描けるようになりたいと思う理想の絵柄・スタイル
いろんなおねーさんを
かわいく
色っぽく
ステッキーに
描けるようになれたらいいなぁと。

■自分のイラストを好いてくれている方への叫び
どうもありがとうございます(45度通り越して90度近い角度で深々と)

■大好きな人にバトンタッチ15名(絵の印象つき)
自サイト引き篭もりタイプだから15人はちょっと無理ですたい(笑)
そんなこんなでおひとりですが、
勇気振り絞って今までバトン回した事の無い方にこっそりトライ。

安全パンダマシーンのダケさま
この方の絵大好きなのですよ!
じんわりするんだよキューンとするんだよぽかぽかするんだよ
色使いとか全部含めておひさまの匂いがするんだよ…!
山盛りのラブと癒しパワーを秘めていらっしゃるのです。
もし宜しければ、バトンパスさせてくださいませm(_ _)m
20:05  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

>micoさん
>デラベッピン
アチャー、慌てて調べると
「デラベッピン」じゃなくて「デラべっぴん」でした(笑)
でも正解の方でググってみた所…
あー、想像以上にアレ風味なキャッチコピーがビシバシと!(トホホ)
ウウッすまないmicoさん…そして勿体無い程のコメントに思わずアタイ
ジョジョビジョバしてしまいそうです!
タケマル |  2006.06.30(金) 00:09 | URL |  【編集】

今更ジローな気がもっさりとしますが・・

バトゥン受け取ってくださいましてありがトゥーございマース!(外人風味で)
デラベッピン、実は知らなくって思わず検索しちゃいました!なんか私の求めてるような検索結果が出ないので、どんなんか微妙に分からずじまいですが、世の女性が憧れてやまない「ベッピン」というお言葉を頂き、誠に光栄でございます。自分が好きで尊敬している絵描きさんからこういう風に言われると、励みになります!

タケマルさんの画風は、初めて拝見したときから「ああなんてあったかい絵を描くんだろう。綿菓子みたい」って思いました。
甘いお砂糖菓子のようでありながら、それだけじゃない奥の深い味わいのあるイラスト・・今でもその印象派変わっていません。
mico |  2006.06.26(月) 21:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://take0.blog23.fc2.com/tb.php/151-4de0a4ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |