2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2005.12.10 (Sat)

舞-乙HiME感想 10話「それが乙女の一大事」

10話感想です。

文字のみですが、ひとまず先にアップ。

【More・・・】







「きょうのわんこ」

シズルデュラン 4歳
(自称アラスカン・マラミュート)



惑星エアルの中心であり、豊かな文化を持つヴィントブルーム。
その中心にあるオトメ養成校ガルデローベに常駐している一匹のわんこ。
これがシズルデュランです。


シズルデュランは学園長先生が大好き。
仕事上でのサポートは勿論、私生活でも学園長先生の
身の回りのお世話をするのがシズルデュランの仕事です。


そんな彼女のポリシーは「布団はひとつ。枕はふたつ
学園長先生は真っ赤になっていましたが、
これだけは譲れませんえーとはんなり思う、シズルデュランなのでした。





HAHAHAおかしいよセニョリータ。
私は舞-乙HiMEを見ていた筈なのに
どうして次回予告が「きょうのわんこ」状態だったんだろう。

スタッフさん、これ以上やられると冗談抜きで萌え倒れてしまいますから!
狙いすぎですとツッコミつつも、心の底からグッジョブですと叫びたい。
もうサン○イズさんに足を向けて眠れません。朝晩と手を合わせて拝みます。



というかもう後半Bパートの戦闘シーンが盛り上がる事ったら!!
そんなこんなで、以下、ツッコミ。

・ハルカちゃん…もう最高だあんたー!!(涙)
でも何気に、ハルカちゃん自身はそりゃもう丈夫そうだけど
マスターとオトメの設定上、ユキノは墜落のダメージ大丈夫なんだろうかΣ(゚Д゚)
その後愕天王にはたかれもしてたけど大丈夫ですか大統領ー!

・ああぁ、17歳ファミレス姿でないけどミドリちゃん!
VSシズル戦なんかもう痺れまくったですよ!
そしてヨーコ先生との絡みも気になるし遂に兄上の素顔が!
命の兄だから、今作てっきり中身は猫だと信じていたのに…ッ ←あんた何て事を

・そんでもってやっぱり真っ黒でしたトモエさんΣ(゚Д゚)
しっかりミーアに気付かれてるし。アウチな予感がします大丈夫かこの子ー

・ニナを止める為とはいえ、右に左にの無言フェイント
ブホ!と噴いてしもうたのはここだけの話(笑)

18:40  |  舞-乙HiME感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

>>gramさん
乙版「きょうのわんこ」は深夜放送です間違い無い。
しかも、放送するに当たってそのままでは余りに気まずいので
きっと途中何箇所か画像が一部不自然にピンボケしたり
カクカクのモザイクが入ったりして視聴者は絶えず
薄目を強いられる、という有様だと思います間違い無い!(笑)

>>斎藤始さん
>デュランがSEE○の方だったら
は!…そっ、それだと
「デュランどす!」でなく「デュランだる!」に
なってしまうのでしょうかΣ(゚Д゚)山田くーん、座布団一枚!!
そしてなんとなく、なつきがアークエンジェルに…と思ったら
髪の色の所為か、脳裏にナタルさんが浮かんだのでしたー(笑)
たけまる |  2005.12.14(水) 23:36 | URL |  【編集】

 デュランがSEE○の方だったらw
うわ、なつきはタリアでしょうかw
斎藤始 |  2005.12.13(火) 21:37 | URL |  【編集】

わん。デュランどす。
にすっかりやられてしまいました。なんてかわいいんだシズルさん!
それにしてもきょうのわんこ、これは朝には放送できないものになりそうです。

本編ではシズルさんとハルカちゃんが一緒に戦鵜という夢のようなシーンが出てきましたね。ハルカちゃんはお笑い担当でしたけど。でもおいしい、と思ったのはないしょです。
gram |  2005.12.12(月) 00:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://take0.blog23.fc2.com/tb.php/48-056e7a88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。